包茎手術後はどんな感じ?あなたの悩みを解決!

実際に包茎手術を受けた場合はどんな感じになるのでしょうか?術後のケアや注意したいことを中心に情報をまとめています! - 包茎手術の術後の痛み

包茎手術の術後の痛み

包茎手術は治療する際や、その後は痛みが凄いのではないかと感じているのではないでしょうか。
その為に、手術治療をためらっている方もいるでしょう。
ほとんどの手術方法が陰部にメスを入れるといった形になります。
痛みが全くないということは神経が通っている限りは有りえないと言えるでしょう。
しかし包茎改善を手術方式ですることによって、どれだけの痛みがあるのかなどを書いていきます。
痛みが怖くて不安だという方は、緩和となるような情報として閲覧して下さい。

痛い事は多少の覚悟を

基本的には、亀頭の下など男性器にメスを入れて切って縫うことが最も多く採用されている術式となります。

手術方法によっては切る場所は違いますがほとんどの医院では切除をすることになっています。
ですので、術後は多少の痛みは伴うということになります。
これはを改善するためには仕方のない事になってしまいます。
しかし、痛み止めは処方されますし、安静にしていれば傷口が開くこともなく、痛いのが悪化することもないでしょう。
だんだんと痛くなるのが治まってくるのは個人差によりますが、3日から一週間程度となります。
1番痛いのはやはり当日の麻酔が切れた後、翌日くらいではないでしょうか。
口コミや手術後の生活を書いている体験談などのブログを見てみると、痛さの程度がわかるかと思います。

オペ時とオペ終了後の痛み


気になるの施術の時になりますが、麻酔をしますので切除をしている時は痛みがないです。
注射をするときにチクっとした痛みを感じるくらいで、不安になるほどの痛みは感じないようになっています。
また、施術が終わって帰るときにも麻酔は効いている状態になりますから、麻酔が切れるまでは痛くない時間が続くことになります。
だんだんと切れてきたくらいにチクチクとした痛みを感じるということになりますが、その場合は痛み止めを飲むことによって緩和されます。

痛くない術式もある

主流はペニスの亀頭付近の皮膚を切除することになりますからある程度の痛みは覚悟をして臨むようにしないといけません。
独自の手術方法を採用している所は、切除をしないような術式でをします。
不安な人はそういった所ですることもいいでしょうし、ひどく悩んでいる人にとっては、治せればいいので大した不安の材料にはならないかと思います。
治したことによって、キツイ臭いや病気の予防に女性に嫌われないといった色々なメリットのためにもで悩みを解消することをオススメします。